会社概要
業務案内
取扱言語・料金表
翻訳者応募
お問い合わせ
免責事項等
TOP

証明翻訳

翻訳には翻訳会社があるみたい、でも公証?認証??アポスティーユ???聞きなれない言葉がたくさん出てくるけど、まとめてお願いできる会社ってあるのかな?
 
日本リンガサービス(JLS)の認証付き翻訳サービス
 証明翻訳に専門会社があるのをご存じですか?「証明翻訳」とは、公的機関から発行された各種証明書に的確な翻訳を付け、それに提出先の要求する公的機関の認証を取り付け、公的に使えるようにした「認証付き翻訳」です。また弊社では「証明翻訳」を、コトバというファジーなものを正確無比な対訳に落とし込んだ品質のもの、ととらえております。
 JLSは翻訳の専門会社として、各種書類をあらゆる言語に翻訳することはもちろんのこと、公証役場での署名証明、外務省認証取り付け、大使館領事認証取得まで一貫したサービスを行っており、お客様の手を煩わせることなく、各国機関にすぐに提出できる状態でお渡しいたします。そのためにJLSに依頼するポイントをいくつかご案内いたします。
 
翻訳する書類は何ですか?
 ここでは、弊社でご依頼をいただく最も多い例を法人のお客様と個人のお客様に分けて挙げてみましょう。
  • 法人のお客様

     法人のお客様で最も多いのは、社内や取引先企業様の海外赴任に伴う就労ビザ取得に伴う必要書類の翻訳です。必要書類は国によって、戸籍、卒業証明書、残高証明書、給与明細、経歴書、などとなります。またビザの種類により、健康診断書、生命保険証券など多岐にわたります。JLSではあらゆる公文書、企業様発行の書類も翻訳可能で、多くの実績がありますので、スピーディーかつ正確に仕上げることが可能です。
     また海外での会社設立や銀行口座開設などで、会社定款や登記簿謄本などの翻訳が必要なことも多いようです。いずれも弊社の最も得意とする分野となっております。

  • 個人のお客様

     個人のお客様は、ビザ取得のためのみならず、海外銀行口座を作るため、財産の相続や分割のため、お子さんをインターナショナルスクール入学させるためなど、お客様それぞれの事情がおありとお察しします。ご提出先からはどのような書類が必要と言われましたか?住所を証明できるもの、結婚証明書、銀行の残高を証明できるもの、などでしょうか。
     住所を証明できるものとして「住民票」がありますし、また日本には「結婚証明書」はありませんが、その変わりとして「戸籍」という出生から家族関係まで網羅したものがあり、多くの方が戸籍の翻訳を依頼されています。
     また銀行の残高を証明できるものとしては、「銀行通帳」や「取引明細書」などでしょうか。翻訳する必要のある書類が決まりましたら、JLSにお任せ下さい。どのような書類も翻訳可能です。

 
何語へ翻訳しますか?
 あなたは翻訳された書類をどちらの国に提出されますか?東南アジアや東欧、北欧、ロシア、ブラジルなどは英語でOKの場合が多いですが、中南米はスペイン語、中国は中国語、中東はアラビア語、アフリカは旧宗主国言語が多いようです。JLSは何語への翻訳も可能ですが、お客様にて翻訳言語をご提出先にご確認の上、弊社へご指定下さい。
 
公証って何ですか?
 JLSで翻訳した書類は、一民間企業の作成した「私文書」となります。私文書を公的なものにするためには公証役場というところの公証人の面前でサインをします。公証役場は内容の可否を証明する機関ではなく、公証人の面前でサインしたことを証明する機関です。JLSは翻訳のプロとして翻訳が正しいことを公証人に対して宣誓し、その宣誓文のサインに対して認証を取得します。
 
アポスティーユって何ですか?
 日本政府は米国やヨーロッパ、豪州、ロシアなどの国々と「ヘーグ条約」を締結しており、条約締結国間では当該国への書類に外務省のアポスティーユ証明があれば在日の大使館認証は原則不要となります。JLSのある東京の公証役場では外務省のアポスティーユもワンストップで取得できます。アポスティーユが必要の場合は、公証と合わせてJLSにお任せ下さい。
 
大使館認証(領事認証)って何ですか?
 ヘーグ条約非加盟国では、自国の出先である在日大使館の領事による認証が必要となる場合があります。領事認証を取得するためには、先に公証役場で外務省認証までを取得する必要があります。アポスティーユ同様、東京の公証役場では外務省認証までをワンストップで取得することができます。領事認証の申請には各国それぞれ申請書が必要であったり、日本語での問い合わせができなかったりと、何かと敷居が高いもの。JLSでは蓄積したノウハウとそのアップデートにより、あらゆる国の認証取り付けを1通から申請していますので、翻訳から領事認証終了まで短期間での完成が可能です。是非お任せ下さい。
 
翻訳証明って何ですか?
 JLSでは外国語訳、和訳とも、弊社にて翻訳したことを証明するスタンプとサイン(和訳の場合は朱印)を必要に応じてお付けいたします。翻訳証明は無料です。在日の英国、米国、オーストラリア、ブラジル、インドなどの大使館へ弊社翻訳をご提出される際は、弊社翻訳証明でOKの場合が多いようです。またJLSはフランス大使館の指定翻訳会社となっております。公証役場での認証には料金がかかりますので、まずは翻訳の専門会社としてのJLSの翻訳証明でよいかどうか、ご提出先にご確認下さい。
 
公証役場の認証や大使館認証だけでもやってもらえますか?
 はい、JLSでは弊社で翻訳していない文書や、もともと外国語の文書を公証役場で認証と取り付ける代行サービス、また法務局、外務省の認証取り付け、さらにはそれらを大使館認証まで取り付けるサービスも行っており、忙しいお客様、遠方のお客様にも大変喜ばれております。弊社で翻訳していない文書を弊社で代行するには委任状やその他書類が必要となります。手続きについては丁寧にご説明しますので、お気軽にお問合せ下さい。
 

業務案内へ戻る

Copyright (C) 2002 Japan Lingua Services Co., Ltd. All Rights Reserved.